店舗テント

店舗テントのご案内

店舗テントの写真

店舗テントとは、お店の入り口や軒先部分などに日よけ、雨除け、テント屋根、看板目的として使用する業務用のテントとなります。 基本的には様々な形状、デザインがございますが、それらの装飾テント、デザインテントを含め、店舗テントと呼ばれております。 街中を意識してご覧頂くと、あらゆる店舗、商業施設、工場や倉庫など、様々な形状のテントが付いておりますが、 これらは全て、町のテント屋さんが製作、施工を行っております。店舗テントの最大の特徴は、デザイン性・質感の高い テント生地を数百種類の中から最適なテント生地を選択し、テント屋さんで生地の裁断、ミシン縫製、加工までを行い、 1つ1つオリジナルの特注製作にて仕上げ、現場にて取付、施工を行います。

テント屋ナビに出店している各県のベテランのテント屋さんは、新規での店舗テント・装飾、デザインテントの製作や施工だけでなく、 テント生地の張り替えなども対応しております。

店舗テントの特徴

  • 生地自体にUVカットが付いており、有害な紫外線をカット致します。
  • 基本、防水生地ですので雨天などでも常時使用可能
  • 防炎生地(難燃性)ですので火元を話せば自己消化性により燃え広がりません。
  • テント前面などに文字やロゴなどカッティング(テント用テンタック)でデザイン可能
  • 生地の耐用年数はおよそ7年から10年前後の耐用年数。
  • フレームなどはそのままでキャンバス(テント生地)だけの張替えが可能
  • 施工期間が短く、短納期で設置ができる。

プロのテント屋さんの特徴

※自社で取付工事まで行っているかどうか
テント屋さんに店舗テントなど依頼する場合、製作や加工の段階でも技術の差はございますが、製作した加工品を実際に現地にて取付を行う技術も重要です。テント屋さん以外の場合や、販売だけを行っている業者などもございますが、基本はテント屋による自社施工が重要となります。長年ご利用頂くお店の顔・看板となる製品ですので、価格だけを見て雑な作りや手抜き工事を行うテント屋に依頼せず、しっかりと責任をもって最後まで自社施工にて対応して頂けるテント屋さんにご依頼下さいませ。

テント看板・デザインテントのご案内

店舗テントの形状・デザイン

店舗テントを使用する場合、上記のようにテント面にお店・店舗のロゴ、名前、電話番号など、テント専用のカッティングシート(テンタック)を使用してテント看板としてご利用が可能です。又、生地自体に印刷可能な素材を使用すれば、フルカラーの印刷などもできますので、店舗によって自由なデザインが可能となります。テント屋ナビでは各県を代表するテント屋さんが出店しておりますので、テント看板やデザインテントだけでなく、無地の軒先、装飾テントなども製作から工事まで対応しておりますので、地域に該当するテント屋さんにお気軽にご相談下さいませ。

又、新規でテントを製作する場合、店舗テントの大きさや形状、デザインなどを最初に打ち合わせを行いますが、一般的なテントの形状などは上記の通りとなります。もちろん、上記以外の形状やデザインなどは基本的にオーダーメイドで特注製作致しますので、自由にデザインが可能です。どのような店舗テントやテント看板が良いか、サイズやデザインなどもテント屋さんにご相談してみて下さいませ。

店舗テントの張り替えについて

店舗テントの張り替え

店舗テントの特徴として、古くなったテント生地、破れたり破損した場合には容易に生地・キャンバスの張り替えが行えます。(通常1日程度で張替えの工事が完了致します)店舗で使用するテント生地は、通常は防炎素材で厚みが0.4mm前後の生地が多く使用されており、耐用年数は7~10年前後で張替えとなります。西日、日差しなどが一日の中でどれだけテントに当たるか、沿岸部などかどうか、形状などによって耐用年数も異なります。 キャンバス(テント生地)の素材は、表面に光沢のあるツヤありの生地からコットン調(布調)の生地、メッシュ、遮熱用テント生地など多岐にございますが、場所によっては不燃のテント生地を使用する場合もございます。もともと店舗についているテント生地とは異なる素材に変えれるのも店舗テントならではの自由なデザイン性。店舗のリフォームやリニューアル時のイメージカラーやイメージチェンジとしてもテント生地を張り替えるだけで大きく印象も変わります。テントの張り替えなどのご相談はお気軽にテント屋さんにお問合せ下さいませ。

張り替える際に使用する生地などは、各テント屋さんによって取扱いのテント生地メーカーが異なります。主には、日本の場合はテイジン、東レ、クラレ、などのキャンバスメーカーがございます。テント生地のカタログなどは地域のテント屋さんにお問合せ下さいませ。

店舗テントの張り替え作業の手順

  • 現在取りついているテントのサイズを採寸
  • 現在のテントフレームに合わせて生地を裁断、加工
  • 現場にて既存の古いテントを撤去(場合によってはフレームを塗装)
  • 新しく作ったテント生地をフレームに張る
  • 文字、カッティングがある場合は最後に貼り付け

テントの形状によっては、型取りなどが必要な場合がありますが基本的には採寸から工事まで1週間~2週間程度が一般的な納期となっております。詳細につきましては、地域のテント屋さんにお問合せ下さいませ。

「店舗テント」の施工事例すべての施工事例を見る(全65件)

テントの設置・張替えをご検討中のお客様、お気軽に地域施工店へご相談下さい

今すぐお近くのテント屋を探す
ぺージ一番上へ