通路テント

通路テントのご案内

通路テントの写真

通路テントとは、主に階段や渡り廊下、お客様が通行する導線上に雨よけを目的として街中や公園、空港、工場などでも多く使用されております。基本的には通路テントの場合、テント屋さんによってオーダーメイドで製作するため、現地の状況に合わせて施工などが行えます。

通路テントの特徴

  • サイズ、形状など自由に設計が行える。
  • 雨よけ、日除け効果が見込める。
  • 大きさによって固定式や開閉式なども可能
  • テント生地や素材なども豊富な種類がある
  • 施工も短期間で1日~2日程度で設置が可能

階段の通路テント屋根

階段通路テント屋根

階段などの通路テントにも階段の長さ、形状に合わせて雨よけ目的の通路テントなどもございます。駐車場の階段、レストラン入り口の階段、マンションの階段や踊り場など、雨などで通行人が濡れるのを防ぐために、階段に合わせて通路テント屋根を付ける事で雨除けとしても、夏であれば日除けとしても活用が可能です。

テント以外のアクリルや、板金などで屋根を作る場合、このように柔軟なサイズや形状など対応が難しいものですが、テントであればテント屋さんが現況に合わせてフレームからテント生地などを製作するため、自由性・汎用性が高く、短納期・低コストで実現できるのもテントの強みでございます。

大型サイズの通路テント屋根

大型サイズの通路テント屋根

このように、大きな広場やピロティなどにも大型の通路テントなども可能です。上記のお写真は大学の広場に天井が開閉するタイプの通路テントを設置しており、天候に合わせて天井部分を開け閉めする事が可能となっております。荷捌き場や店舗テラスなどでも使用される開閉テントを通路テントでも活用する事で、様々なシチュエーションでもご利用頂けます。

通路テントの張り替えについて

古くなった通路テントの生地だけの張替えなどもテント屋さんにご依頼頂けます。およそ設置から10年以上経過したテント生地やシートは、経年劣化によって張替えが必要となりますので、生地だけの張替えであれば最短1日で工事が完了致しますので、お気軽に地域のテント屋さんにご相談下さいませ。

「通路テント」の施工事例すべての施工事例を見る(全16件)

テントの設置・張替えをご検討中のお客様、お気軽に地域施工店へご相談下さい

今すぐお近くのテント屋を探す
ぺージ一番上へ