日除け・雨除けテント

業務用の日よけ・雨除けテントのご案内

業務用日よけ・雨よけテント

通路や駐車場、駐輪場、階段、店舗などのテラスなど、日よけ・雨除け目的に業務用のテントが多く使用されております。例えば、商業施設、幼稚園、学校などの駐輪スペースや渡り廊下の屋根、駐車場のテント屋根、駐輪場のシェルターなどテント生地を使った日よけ、雨よけのテント屋根は有害な紫外線をカットして熱い陽射し対策としてだけでなく、雨の日にも撥水効果の高いテント生地は大変便利で自由性の高い製品です。

日よけ・雨除けテントの事例

  • 駐輪場のテント屋根
  • 駐車場などの雨除け
  • 通路、廊下などの日よけ、雨よけ
  • 入り口スペースの雨除け
  • 階段などの雨の吹き込み、日よけ
  • 園庭、砂場などの日よけ
  • スーパーなどのカート置き場の雨除け

などなど、日よけや雨除け目的のテント屋根は幅広い場所で活用されております。 サイズや形も自由にレイアウトできるのがテント屋さんの業務用テントの特徴です。

駐車場・駐輪場のテント屋根のご案内

駐車場・駐輪場の雨除けテント

駐車場や駐輪場の屋根をイメージすると、アルミ材やアクリル板などでカーポートのような製品を連想されるかもしれませんが、既製品などのカーポートやシェルターは、サイズや形状に自由性がなく、大きなサイズになると特にメーカーも対応していない状況です。

しかし、テント屋さんが扱う日よけ・雨除けの業務用テントなどであれば、小さなサイズから大型のテントまで製作できますので、敷地・用途・立地条件に合わせたオーダーメイドが可能です。基本的にはフレームは鉄骨を使用しますので、アルミのカーポートと異なり、車や自転車が軽くぶつけた程度で倒壊までしない強度ですので、安全性も高く生地自体に防炎性や不燃性の素材を使用していれば消防面でも安心。天井を可動式にしてみたり、カラフルなキャンバスを使用したり、個人住宅などの駐車場や駐輪場であれば町でたった1つだけのデザイン性のあるテント屋根としても製作が可能です。

園庭、テラスなどの日よけテント

園庭・テラス日よけテント

幼稚園の園庭や、砂場などに多く使用されている日よけテントとして、一番人気はやはり可動式のテント屋根となります。夏の熱い日差し対策としてメッシュ素材や防炎テント生地を使用して必要なときだけ開け閉めができるテント屋根。
天井開閉テントはこちらからご覧いただけます。

夏の熱中症対策や、店舗などのテラス席、介護施設の屋外スペースなど多岐にわたる場所でテント屋根は使用されております。基本は鉄骨フレームなどを製作し、柱を建ててテント屋根を設置致しますが、場合によってはワイヤーなどを活用して開閉テント・日よけシェードを設置する事も可能です。

メッシュ素材(防炎)のテント生地は重量も軽く、ワイヤー式の専用ランナーを使う事で、軽快な開閉操作が可能となります。園庭などで遊ぶ子供たちや、施設などで高齢者の方々の熱中症対策として昨今は大変人気となってきております。

ご希望の用途、大きさなど地域のテント屋さんにお気軽にお問合せ下さいませ。

「日除け・雨よけテント」の施工事例すべての施工事例を見る(全26件)

テントの設置・張替えをご検討中のお客様、お気軽に地域施工店へご相談下さい

今すぐお近くのテント屋を探す
ぺージ一番上へ