テント屋さんの仕事について

そもそもテント屋とは?テント屋の仕事って何?【テント屋】と呼ばれるお店や

会社がある事はまだまだ世間一般的な間隔では知らない方が以外にも多い業界です。

 

街中で見かける身近なものですと、お店や店舗などの軒先部分に雨除けや、

文字やロゴなどが入ったテントを見かけることが多いかと思いますが、

あのような店舗用テントもテント屋さんのお仕事です。店舗テントは、フレームや

キャンバスは基本的に全て1つ1つサイズや形が異なりますので、テント屋さんが

全てオーダーメイドで製作するため、テント屋さんによって使うフレームの太さや

作り方も全て異なります。そのため、安いだけのお店も多くあり、安いからには

もちろん住宅やリフォームなどと同じで理由があります。

基本的に安くするには、材料(品質)・職人(人)を下げるなど、

お客様の目に見えない部分がほとんどですが、施工をしても実際に気づかない人も

多くいるため、品質の低い製品を安値で売っているテント屋もございます。

(価格だけでテント屋を選ばない)

 

他には、住宅や店舗などでも

御馴染みのハンドル操作でクルクル回すと出てくる可動式のテントを

オーニングテント、オーニングなどと言いますが、オーニングもテント屋さんが

得意としているお仕事です。

 

この他、工場や倉庫などで需要の高いテント倉庫、シートハウス

大型のテント屋根開閉テントなども全て該当致します。

これらも店舗テントと同じように、1つ1つお客様によってサイズや

形状が異なるため、腕の差が大きく分かれます。

特に大型のテントなどはあまり安価な価格だけを追求したテント屋の製品ですと、

耐用年数が短かったり、少しの雪などでも崩壊するケースもございますので、

注意が必要です。長期間の年数を使用する製品だからこそ、

価格以上にテント屋の選定にこだわりを持って頂きたいと思います。

 

他には工場などでよく見かける、屋内の間仕切りビニールシート

ビニールカーテンなどもテント屋さんの得意ジャンルですね。

テント屋によって当然ながら上記の様々なビニールやテント、シートを使った

製品の中でも得意、不得意がございますが、基本的には最低限の上記ジャンルは

多くのテント屋さんが扱っております。

 

おおまかにお話すると、

頒布、生地(テント・シート・ビニール)を扱い、縫製加工(ミシン)や

ウェルダー(溶着加工)を駆使した技術で生地を加工品とし、

下地のフレームなども全て一式で対応している業態をテント屋と呼ばれております。

 

それぞれ、最も得意とするテント製品や、実績によって異なりますが、

テント屋ナビでは材料にこだわりを持ち、実績、経験を豊富に持っており、

お客様に誠実に向き合うテント屋さんが出店して頂いておりますので、

プロの専門家にまずはお気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

テントの設置・張替えをご検討中のお客様、お気軽に地域施工店へご相談下さい

今すぐお近くのテント屋を探す
ぺージ一番上へ